© 2018 by Loop

Team LOOP

​Management Team 役員紹介

代表取締役 芹澤 哲也 

「映像で感動を!」
これは創立から26年目に掲げた弊社の経営理念のひとつです。
そして今、ここに集うスタッフひとりひとりが同じ目標に向かって進んでいます。
ループは普段は笑い声の絶えない明るい職場ですが、いざ撮影現場に向かう瞬間からそれまでの今は嘘のように消えプロの顔へと変わります。スタッフ全員が日々新たなものへの挑戦と探究心を持っている。そんな仲間が集う職場です。

みなさんには10年後のビジョンはありますか?ループには私の思いを継ぐべくビジョンがあります。

それは今いる仲間が10年後にループにいて良かったと思うこと。そして仕事へのやりがい、達成感が大きくなっていることです。それは経営者である私が他人事として受け止めることではありません。

みんなで会社の進むべき道を造り同じ目標を達成する。これからもその気持に変わりはありません。

ループの社名はみんなで手を繋いでひとつの輪(和)になりたい。そんな理念を含んでいます。

組織としての私は代表ではありますが、スタッフの一員であるのが私でもあります。

だからこそ輪に加わり、社員の輪の中のひとりになる。そのために模索しながら常に新しい時代とともに前進する。それがループです。

私のテレビ業界での35年はあっという間でした。その中でも弊社ループでの26年間は特に短く感じます。その理由は自分のやりたい仕事を仲間と続けられた事から得られた充実感があったからです。

私だけでなくループ自体も多種多様なジャンル(ドキュメンタリー、ドラマ、スポーツ、バラエティー、歌番組など)にも対応出来るよう成長しました。社員の創造力や技術力も向上し、周りからも高い評価を受けています。また私は、今までカメラマンとして現場に関わりながら後輩達の育成にも努めてきました。今後もループのスタッフ全員が「好きな仕事をやりがいを持って続けていくことにより自分自身のスキルアップに繋げる。そしてさらなる良い仲間を増やす」事が出来るように全力でバックアップしていこうと考えています。充実感のある仕事は幸せです。

取締役 谷茂岡 稔

取締役 西屋 浩隆 

日本で最初にテレビ放送が始まったのは1953年、NHKがテレビ本放送を開始しました。それから凡そ60年余り経った現在、映像分野は大きく変化してきました。ビデオカメラの画質も飛躍的に向上し、インターネットの環境が充実してきたことで誰でも気軽に動画配信ができる時代へと変化してきました。まさに映像分野はプロとアマチュアの境目がシームレスになってきています。

今後、AIなどの登場でさらに映像の応用範囲は広がり今まで同じようなスタイルでの仕事は通用しなくなってきています。弊社はテレビ番組の撮影、制作、音楽PV、企業のビデオプロモーション等々映像に関わる様々な仕事に携わらせてきましたが、25年余り続けてこれたのは、お客様に長い期間ご愛顧頂いたからに他なりません。決して多くのお得意様がいらっしゃるわけではありません。お得意様が長く弊社に仕事を依頼して頂いているからこそ今のループがあるのではないかと強く感じています。それはまさにスタッフ一人一人が、お客様のご要望を汲み取ってそれをどう映像化していくかということをお客様と一緒になって考え、提案し取り組んできた結果ではないかと自負しています。時代の流れと共に歩みながらも、今までと変わらず人とのつながりを大切にし、より質の高い映像を提供していくことがこれからのループの務めです。

LOOP CREW